“会社設立福岡「起業のまとめ」自分でできる株式会社設立マニュアル

誰でもできる株式会社設立方法、設立手順

自分で株式会社を設立する方法

このサイトでは、初心者でも簡単に株式会社の設立ができるように、法律上の手続きというよりも実務上の手続きや書類作成方法をメインに解説します。

株式会社を設立する場合に実務上は、“発起設立”という方法で設立します。以降の解説は、全て“発起設立”で設立する方法だと思って下さいね。

“発起設立”以外にも“募集設立”という方法があるのですが、この2つの設立方法について詳しく知りたい方は下記の【募集設立と発起設立との違い】を参考にして下さい。“募集設立”についての解説が必要ないなら、【募集設立と発起設立との違い】は読み飛ばしてください。

【募集設立と発起設立との違い】

会社法では、株式会社を設立する方法として“募集設立”と“発起設立”の2つの方法に分けて法律が規定されています。

“募集設立”と“発起設立”との違いは、会社を設立する際の“株式”の出資方法によるもので、2つの設立方法の出資の募り方の違いからその手順も異なってきます。

  • 募集設立の出資の募り方・・・「株式会社の設立に際して発行する株式のうち、一部を発起人が引き受け、残部を募集する方法」
  • 発起設立の出資の募り方・・・「設立に際して発行する全ての株式を発起人が引き受ける方法」

“発起設立”は、発起人(会社の設立を企画する人)が全ての株式を引き受けますので、発起人が主導的に設立するまでの手続きを進めることができます。

会社を設立するには、色々なことを予め決めておかなければなりませんが、これらの決め事も全て発起人によって決めることができます。

このサイトを参照されているということは、会社設立を予定されている方がと思いますので、発起人とは即ち“あなた”のことです。

あなた自身が会社設立に関する全てのことを決めることができるので、こんなに楽なことはないでしょう。

一人もしくは家族や知人と設立する会社だったら、“発起設立”で設立することが最も楽チンで簡単なんです。

株式会社の設立手順について

それでは、“発起設立”での設立手順についてその概要を下記に記載しておきます。

まずは、株式会社を設立するための手続き全体を見ること、俯瞰してみることが大切です。それぞれの項目の詳細については、リンクを参照して下さい。

  1. 発起人を決める
    • 発起人(会社の設立を企画する人)を決める。節税のポイントも紹介。
      →詳細の解説へ!
  2. 会社の設立事項を決める
    • 発起人が、商号(会社名)、事業目的、資本金、役員(取締役等)などの設立事項を決めます。
      →詳細の解説へ!
  3. 定款を作成し、認証する
    • 会社の設立事項に基づいて定款(会社のルールブックみたいなもの)を作成し、公証役場で認証してもらいます。
      →詳細の解説へ!
  4. 出資金を払い込む
    • 発起人が出資金を払い込みます。最も簡単な個人口座を使った方法を解説します。
      →詳細の解説へ!
  5. 設立登記申請書を作成し、申請する
    • 登記申請に必要な書類の作成方法と申請の仕方、手続きの方法を解説します。
      →詳細の解説へ!
  6. 登記完了と登記後の手続き
  7. PR:株式会社設立電子定款代行サービス

とりあえず一連の設立手順を見たところで、気になる株式会社を設立するための費用について説明します。

定款の認証費用は、4万円です。定款を紙で作った場合は、これに印紙代5万円を加算します。定款を電子文書PDFなどで作れば(電子定款)なら印紙代は不要です。

登記申請の際の登録免許税は、資本金×1,000分の7で計算します。計算結果が15万円に満たない場合は、15万円となりますから、最低15万円は必ず必要になります。

それと会社の印鑑を作成しますので、作成費用として約2万円(素材等による)、その他にも謄本等の費用で数千円必要です。

起業家支援情報を提供しています!

会社法が施行され最低資本金規制が撤廃されました。

旧商法では、株式会社を設立するには資本金として1千万円、有限会社なら資本金3百万が必要でしたので、誰でも資本金1円から会社を設立できるようになったことは起業家にとって一番の朗報だったのではないでしょうか。

また、最近はインターネットや様々なツール・サービスの開発、発展に伴い誰でもすぐにビジネスが始められます。

以前なら個人事業をSOHOと呼んで注目されていた起業スタイルも、今では、起業スタート時から法人化することも、たった一人で会社を経営することも特別な話ではありません。

『小資本で開業OK』、『資本金1円で会社設立』というキャッチコピーもあまりに日常的で、最近はインパクトを感じませんよね。

確かに多くの人がチャンスを手に入れることは良いことです。

しかし、どの起業家も会社を設立することがゴールではないハズです。

どの起業家も起業したからには、どんどんお金を稼いで、社会貢献もしたいと思っているのではないでしょうか?

このサイトでは、「会社の設立方法」や「会社の設立手順」だけではなく、多くの起業家が成功できるようその手助けになるような情報をシェアしていきたいと思います。

このページの先頭へ