“会社設立福岡「起業のまとめ」自分でできる株式会社設立マニュアル

定款を作成し認証する

定款の作成と認証手順

株式会社の設立事項が決まれば、次に定款を作成します。予め、発起人の印鑑証明書とその印鑑を準備してください。

下記に定款のサンプルを掲載しておきます。ワープロで用紙サイズをA4で作成し、左側をホッチキスで綴じます。会社保存用の原本と公証役場保存用、それと謄本用の最低3部作成します。

発起人の住所、氏名は、発起人の印鑑証明書の記載を確認してお間違えないように。

電子定款の作成方法について詳しく知りたい方は、下記のリンクを参照してください。

株式会社の定款サンプル

下記に定款のサンプルを掲載します。

●株式会社の定款サンプル 総則、株式

株式会社の定款サンプル 総則、株式

●株式

株式会社の定款サンプル 株式

●株主総会

株式会社の定款サンプル 株主総会

●取締役及び代表取締役、計算

株式会社の定款サンプル 取締役及び代表取締役、計算

●附則

株式会社の定款サンプル 附則

上記の書類はあくまでもサンプルですので、設立する会社の組織に合わせて定款を作成します。

公証役場で定款を認証する

定款は、公証役場(設立する会社の本店所在地を管轄する法務局所属の公証役場)で公証人に認証してもらいます。

どこの公証役場にするかは、法務局のホームページもしくは公証人連合会のホームページで確認することができます。

定款の作成が完了し、公証役場を選定したら、作成した定款をFAXして事前確認してもらった方が良いでしょう。

公証役場へは、準備した定款と発起人の印鑑証明書とその印鑑、それと認証に必要な費用を持参下さい。発起人以外の第3者や複数の発起人中の一人が出向く場合は、委任状が必要です。

上記は、定款を紙で作成した場合の認証方法です。電子定款の場合には、オンライン申請になりますので手続きの仕方が変わってきます。認証にかかる費用も紙ベ-スの定款より4万円安くなりますので、お勧めです。電子定款についての詳細は、下記のリンクを参照してください。

本当!電子定款で4万円のコストダウン

あなたの会社設立費用を、しかも法定費用(法律で規定された必要費用)を4万円安くする方法があります。

その方法を少しだけ紹介すると・・・

定款の認証費用は、5万円ですが、定款を紙で作った場合は、これに印紙代4万円が加算され、合計9万円の費用が必要になります。

しかし、作成した定款を電子文書PDFに変換し電子署名をすれば印紙代は不要です。

ただし、電子定款を作成するには必要な環境等を揃えなければなりませんし、ソフトウェアの操作でけでなくオンライン申請(電子定款は、オンライン申請しか受け付けてもらえないのです)での操作方法も覚えなければなりません。

定款の認証は、会社設立時に1度認証すれば良いので、たとえ後で定款に変更があったとしても登記申請と違って再度認証する必要がないのです。

自分で会社設立しようと思っても、電子定款までやろうとするのは結構な負担がかかりますので、「4万円安くなるといっても、負担も増えるし1度だけの作業なら・・・」っと諦めようと思う方が多いのではないでしょうか?

専門家に任せて4万円安くなるんだったら、かなり魅力のある話だとは思いませんか?

このページの先頭へ