“会社設立福岡「起業のまとめ」起業家向け会計記帳代行サービス

経理は面倒かもしれませんが・・・

起業家向けに会計記帳を代行しています!

起業家向け会計記帳代行サービス

会社を設立すると、最低でも年に一度は会計上の帳簿を締める作業を行います。これを“決算”と呼び、作成する帳簿は決算の前作業として毎月作成しなければなりません。

毎月帳簿を作成するためには、毎日の取引(売上明細だけでなく、例えば交通費や電気代、銀行の手数料等も)を記帳しなければなりません。

記帳するには、その経費をどの科目で処理するのか簿記の実務的な知識が必要になってきます。

起業したばかりの頃は、人手が少ないので今まで勤めていた会社の企画から総務・営業など全てをこなさなければなりませんので、知識の習得も同時に行うのはたいへんな労力です。

色んな職種に携った人ならば、忙しい時間の合間に対応することも可能かもしれませんが、少ない時間でも確保が難しければどんどん後回しになってしまします。

先にも申し上げたように、会計処理は決算という一大イベントが待ち受けていてタイムリミットがあるので、いつまでも後回しというわけにはいきません。

ですが、企画や営業が好きな人は多いのですが、経理は面倒だと考える人が多数を占め、最初に自分でやろうと強い意志でチャレンジした人でも、結果的に慌ててアウトソーシング先を探すケースが多いのが実情なのです。

ですから、時間の取れない人や売上に関係した仕事に集中したい人、経理は面倒だと思う人にとっては、タイムリミットのある会計記帳業務はアウトソーシングするのが一番お薦めする選択です。

当事務所では、多忙で時間の確保が難しい起業家の皆様に会計記帳代行サービスを下記の要領で提供させていただいております。

記帳代行業務の流れ

●お客様にご用意いただくもの

  • 領収書をまとめる・・・当月の領収書をまとめてご用意下さい。
  • 預金通帳のコピー・・・当月の会社預金口座の通帳の写しをご用意下さい。
  • 請求書のコピー・・・仕入先等の取引先から送られてきた請求書をご用意下さい。
  • 売上明細・・・売上帳もしくはレジ等の出力明細などの売上明細がわかるものをご用意下さい。
  • 上記資料の受け渡し・・・上記の資料を当事務所まで郵送もしくは持参下さい。

●当事務所の作業

  • 記帳作業・・・お客様からいただいた資料を基に記帳作業を行います。
  • 確認作業・・・記帳作業の途中で不明な点を確認し、追加で必要な資料があればお知らせいたします。
  • 試算表の作成・・・記帳作業が完了すれば、試算表が完成します。試算表はお客様へお届けいたします。

●あとは、この作業を毎月繰返し行うだけです。

●決算・申告について

毎年の決算と税務申告につきましては、税理士事務所に依頼します。決算と申告業務につきましては税理士事務所への費用が別途必要です。


このページの先頭へ